セフレとは仲良くなるのが大事

セフレとエッチな関係を築く上では、意外と信頼関係という物が必要なんです。
セフレなんて、セックスだけすればいいんだから、信頼関係だとか円滑な人間関係なんて必要ないと思っている人もいるかもしれませんがそういう考え方をする人はセフレともあまり上手くいかないということが多いです。

セフレに信頼関係が必要な理由

それは、セフレという関係が非常に薄いつながりだからです。
確かに、セフレという関係はセックスをお互いに気持ちよくすることが目的ではあるのですが、そもそもセックスを楽しくするということ自体がある程度の人間的信頼関係がないと難しいものです。
普通に考えればわかるのですが、例えば相手のことが人間的に嫌いだったとしてセックスをしたいと思いますか?思いませんよね。
嫌いまでいかずとも、やはり興味のない人よりもある程度好感を持っている人とのセックスの方が気持ちいいですよね。
だから、セフレとはある程度人間的に仲良くなることは必要なことなのです。

セフレと仲良くなるにはどうするか

まず、あくまで此処で言う仲良くなるというのは恋愛的、つまり男女の仲として仲良くなることを示しているわけではなく、まず友人として仲良くなるということが大事だと覚えておきましょう。
つまり、恋愛感情を抱く必要もないし相手に抱かせる必要もないのですが、コミュニケーションを円滑に取れる程度に友達として仲良くなることが必要なので、とにかくセックス以外でもコミュニケーションを積極的にとることです。
会う時は、食事や一緒に飲みに行ったりカラオケにいったりして遊びに行くなどの仲良くなるためのアプローチをしていくということはかなり有効に役に立つと思います。
仲良くなればなるほど、セフレとして会いたくなることも多いですからおよびがかかりやすく、時間なども割と優先的に空けてもらえ安くなるので、セックスの回数も増え、自然と関係の継続が簡単になっていくという仕組みになっているわけです。